column コピーライティング

コピーライターの副業は稼げる?仕事の取り方から報酬アップの秘訣を徹底解説!

  1. HOME >
  2. column >
  3. コピーライティング >

コピーライターの副業は稼げる?仕事の取り方から報酬アップの秘訣を徹底解説!

コピーライターとして副業をしてみたいという方が、流行ってきています。

・在宅でできる仕事を探している

・副業で稼げるようになりたい

・自宅時間を有効に使いたい

という方は、この記事を読み進めることで

  • ・副業でコピーライターになる方法
  • ・副業からコピーライターとして活躍する方法
  • ・副業コピーライターの仕事の見つけ方
  • ・未経験から副業コピーライターが収入を上げる方法
  • ・副業コピーライターに必要なスキル

などが分かるようになります。

副業コピーライターとして、本業以外の時間を使って稼げたら嬉しいですよね。

そんな働き方に興味がある方は最後まで読んでみてください。

目次

そもそも副業でコピーライターはできる?

結論、コピーライターとして副業をすることは可能です。

そもそも、コピーライターになるには資格が必要ということはありません。

もちろん、学校などに通わなくてもいいですし、スキマ時間でライティングすることも可能です。

正しく努力をすれば、副業としてスキマ時間を使って3万円~5万円稼ぐことも現実的となります。

副業でコピーライターになる方法

コピーライターになる時に、特別にコピーライターへのルートが決まっているわけではありません。

クラウドソーシングサイトにコピーライティングの案件募集もたくさんあります。

直接会って仕事を請けるのではなくインターネットを使って仕事を見つけやすい環境ができているので非常に便利だといえます。

どんな努力をすればコピーライターになれるのかは、以下の記事で詳しく解説しています。

これからコピーライターになりたいと思っている方は、ぜひ読んでみてください。

副業コピーライターのメリットデメリット

副業コピーライターのメリットは、本業とは別の収入源が得られるところです。

在宅でも可能ですし、パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事ができること、そして、スキマ時間を利用したり、自分のペースで進められるところも大きな魅力になるでしょう。

また、「経験不問」といった未経験の方でも初めやすい案件もありますので、始めるハードルが低いのもメリットです。

逆に、副業コピーライターのデメリットは、未経験でいきなり高単価の案件はこなせないので、はじめは報酬が少ないことです。

最初は「これだけやってこれっぽっちか…」と感じてしまうこともあるかもしれません。

経験を積んで徐々に高単価案件にも挑戦していきましょう。

専業主婦でもコピーライターの副業はできる?

もちろん専業主婦の方でもコピーライターとして活動していくことは可能です。

専業主婦の方は家事や育児など忙しいと思いますが、コピーライターはスキマ時間を使って自宅でも取り組めます。

ですから、専業主婦の方に向いているという捉え方もできるでしょう。

副業でできるコピーライター3選

コピーライターにはいくつか種類があります。

ここではコピーライターの種類によって

・どんな仕事なのか?

・未経験からでもできるのか?

これらを解説していきます。<

副業でできるコピーライター①イメージコピーライター

一般的に「コピーライター」と定義されるのがこのイメージコピーライターです。

テレビCMやポスター、起業のキャッチコピーなど「イメージ広告」を作るコピーライターになります。

CMや企業の案件は、大手広告代理店などの広告関係の会社が担当していますので、副業としてやるのは現実的ではありません。

副業から始めるのであれば、クラウドソーシングサイトでコンペ形式にて募集されているキャッチコピー案件に応募してみるといいでしょう。

一例をあげると、

・新規事業のキャッチコピー

・スクールのサービス名

・エステのキャッチコピー

など、他にもいろんなキャッチコピーの募集案件があります。

未経験でも、クライアントにとって良いと感じられるものであれば採用されますのでドンドン応募していきましょう。

副業でできるコピーライター②コンテンツコピーライター

コンテンツとは「中身」を表す言葉なので、コンテンツコピーライターは「情報の中身をまとめて伝える」という意味合いが強いです。

読者にとってためになる情報をまとめて、価値提供するのがコンテンツコピーライターの役割といえます。

・ブログ記事

・サイト記事

・専門性のある記事(金融、医療、不動産、etc…)

などがコンテンツライターの仕事となります。

ブログ記事、サイト記事などは比較的難易度が低い部類になりますので、未経験からでも問題なく応募することができます。

ただし、専門性のある記事に関しては記事単価が上がる分、作成難易度も上がります。

早く記事単価を上げたいという方は、1つのジャンルに絞ってみるのも良いでしょう。

クラウドソーシングサイトに案件がたくさんありますので、応募してみてください。

副業でできるコピーライター③セールスコピーライター

セールス(販売)することに特化したコピーライターとなります。

・LP(ランディングページ)

・セールスレター

・ステップメール

など、何かを販売する時に使用される文章全般を作成するのがセールスコピーライターです。

売上に直結するような「反応を促す文章」が求められます。

クラウドソーシングサイトにセールスライティング案件の募集もありますが、セールスライティングは専門性がありますので「経験者限定の募集」である場合も多いです。

ただ、クライアントによってはそこまでクオリティの高いものを求めない場合もあるので、未経験だから応募できないわけではありません。

難易度は高くなりますが、その分報酬も高くなる傾向にありますので、積極的に応募してみてください。

副業からコピーライターとして活躍する方法

「副業でコピーライターをやってみよう」と思っても、どうやってコピーライターをはじめてどうやって活躍していけばいいのか分からないと思います。

最初はどんなステップを踏んでいけばいいのかお伝えしていきます。

副業からコピーライターとして活躍する方法①ブログ記事で練習する

まずは、ライターとして文章を書くことに慣れる必要があります。

オススメはブログを始めてみることです。

でも、「ブログって何を書けばいいの?」と思うかもしれませんが、まずはライターとして学んだことをアウトプットしていけば大丈夫です。

アウトプットすることで頭の中が整理されて、さらに学んだことが定着しやすくなるので一石二鳥です。

日記のように日々のできごとを書いていくのでもいいですが、自分の主観で書くのではなく「読みやすい文章」を意識して書いてみてください。

当然ですが、コピーライターは書いた文章を読んでもらわなければいけません。

しっかり「読みやすい文章」を意識して書いていくようにしましょう。

副業からコピーライターとして活躍する方法②クラウドソーシングサイトで案件を請けてみる

クラウドソーシングサイト(インターネット上で仕事を依頼・受注できるサービス)では、安価ですが、初心者でも取り組める案件が多数あります。

まずは「コピーライターとしてお金を稼ぐこと」を目指して案件に応募していきましょう。

安い案件でもとりあえず請けて実績を作ることが、次の仕事の獲得につながります。

ですので、たくさん案件をこなすことが大事になります。

副業コピーライターの仕事の見つけ方

副業コピーライター 仕事見つけ方

副業コピーライターであれば、仕事を探す時間も限られてきます。

どのような方法で仕事をみつければいいのか解説していきます。

副業コピーライターの仕事の見つけ方①クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注したい企業や個人がサイト上で仕事を依頼できるサービスです。

インターネット上で仕事をしてくれる方を募集して、納品もサイト内で行われるので非常に便利なサービスだといえます。

副業コピーライターの仕事の見つけ方①クラウドワークス

クラウドワークスは、日本で一番メジャーなクラウドソーシングサイトです。

案件数も多くサイト自体も非常に使いやすいので、最初はこのサイトだけ使用する形でも大丈夫です。

「データ入力」「文字起こし」「アンケート」など初心者でも取り組みやすい案件も豊富なので積極的に応募していきましょう。

【クラウドワークス】

副業コピーライターの仕事の見つけ方②ランサーズ

ランサーズは日本初のクラウドソーシングサイトで、クラウドワークスとならぶ、2大クラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスと同じで案件の数も非常に多いのが特徴です。

実績、高評価などを満たした「認定ランサー」になることができたら、仕事も取りやすくなるので認定ランサーを目指してみるのも良いでしょう。

【ランサーズ】

副業コピーライターの仕事の見つけ方③ココナラ

ココナラとは「得意を売り買いするスキルマーケット」です。

上記2つのクラウドソーシングサイトとは少し違って、案件に応募するのではなく自分のスキルを販売する形になります。

なので扱っている商品が、占い、似顔絵、美容など幅広く、自分の得意なことを販売することができます。

ライターであれば、「ブログのタイトル考えます」「キャッチコピー20個考えます」といった商品を出品して希望者に購入してもらいます。

スキルを販売する形になるので、初心者にとっては上記2つのサイトよりはハードルが上がるでしょう。

ライターとしてスキルがついてきたら、ライティングに関する商品を出品してみましょう。

【ココナラ】

副業コピーライターの仕事の見つけ方②求人サイトを利用する

求人サイトで在宅ライターの副業を見つける方法もあります。

ですが、求人サイトで募集しているコピーライター案件は経験者を募集するものが多いです。

クラウドソーシングサイトで案件を受注して実績を作り、それをアピールして応募に望めば経験者募集の会社でも採用される確率は上がるでしょう。

ぜひ、積極的に応募してみてください。

副業コピーライターの仕事の見つけ方③自分のサイトを作ってアフィリエイトする

自分のサイトを作成して、そこで商品のアフィリエイトをするというやり方です。

自らのサイトを使って勉強しながら実践もできますし、クライアントとのやり取りもなく、すべて自分で完結できるというメリットがあります。

ただし、サイト構築にも時間がかかりますし、SEOなどの知識も必要になるでしょう。

すぐに結果が出るということはないので、ライター初心者がやるには根気と継続が必須となります。

コピーライターが未経験から副業で報酬を上げる方法

コピーライターが未経験から報酬を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

ステップごとに仕事内容をお伝えしていきます。

コピーライターが未経験から副業で報酬を上げるステップ①ブログ記事、アンケート

最初の目的は、まず一歩踏み出すこと、そして実績作りです。

最初はみんなゼロからのスタートとなり、知識も経験もないので不安になってしまうかもしれません。

案件に応募して「自分の力量が足りないかも」と感じた場合は、辞退することもできますので安心して一歩踏み出していきましょう。

まずは、ブログ記事やアンケートなど比較的、難易度の低い案件をこなして実績を作っていくことが大事です。

最初はブログ記事やアンケートなどの文字単価1円にも満たない案件になると思いますが、前向きな気持ちでドンドン応募してみてください。

報酬も思ったように上がらないので大変ですが、あきらめずに書き続けることが大事です。

コピーライターが未経験から副業で報酬を上げるステップ②SNS代行、電子書籍

記事を書くのに慣れてきたら応募する案件の単価を上げていきましょう。

SNS代行(TwitterやInstagramなど)や電子書籍だと文字単価1円~2.5円などを狙っていけます。

コツコツと書き続ければ月に3万円~5万円稼ぐことも可能となります。

コピーライターが未経験から副業で報酬を上げるステップ③SEO記事作成

SEO記事とは、簡単に説明するとGoogle、Yahooで検索した時に、上位表示させることを目的とした記事のことをいいます。

SEOの知識が必要になりますので文字単価も上がってくる傾向にあり、1文字3円~5円以上も可能な範囲となります。

他にも、専門の知識が必要な記事も単価が上がってきます。

例えば、医療、金融、不動産、士業、転職、投資などのジャンルです。

もし、書いてみたいジャンル、すでに詳しいジャンルなどあればそのジャンル専門のライターを目指してみるのも良いでしょう。

コピーライターが未経験から副業で報酬を上げるステップ④LP、セールスレター

LPやセールスレターは売上に直結するライティングの仕事になります。

具体的には、インターネット上で販売する時のページを作成することになります。

1文字何円という形式ではなく、

LP(ランディングページ)作成:5万円

セールスレター作成:10万円

といった値段設定になる場合が多いです。

もちろん案件により金額の上下はありますが、クライアントの売上をアップさせるためのライティングになりますので単価は高めになってきます。

コピーライターが未経験から副業で報酬を上げるステップ⑤プロデューサー

すでに技術や知識などがある方を企画立案からプロデュースしてプロモーションを行っていきます。

デザイナー、ライター、動画を撮影してくれる方をうまくまとめながらプロモーションを作っていく仕事です。

こちらも何かしらを販売していくことになりますので、セールスコピーライターの知識とセールスライティングスキルが必要になってきます。

報酬は、そのプロジェクト間の契約になりますので、売上の何%といった形で高報酬となります。

直接売上に関わるので、責任も重大ですが報酬にも期待できる、そんな仕事となっています。

コピーライターが副業で稼ぐためにに必要なスキルは?

初心者でも、副業でも大丈夫といわれても「私にもできるかな?」と不安になると思います。

もちろん、スキルがあるに越したことはありません。

ここではコピーライターを目指す方が身につけておいた方がいいスキルについて解説していきます。

コピーライターにが副業で稼ぐために必要なスキルは?①文章を書くスキル

文章を書くスキルといっても、すぐに身につくわけではないので案件をこなしながら身につけていけば問題はありません。

クライアントが指示をくれたり、指定された型を守って文章を書くことが基本となります。

また、読みやすい文章を書くには語彙力も必要です。

同じ言い回しや同じ言葉を使うばかりではなく語尾を変えたり、表現方法を変えて読む人が読みやすい文章を書かなければなりません。

最初からそんな読みやすい文章を書くのは難しいですが、意識することが大事です。

繰り返し読み返して少しでも読みやすい文章を意識してください。

コピーライターが副業で稼ぐためにに必要なスキルは?②リサーチスキル

文章を書くに当たり、そのジャンルの知識がなければ説得力のある文章を書くことは難しいですし、ライティングする時間も多くかかってしまいます。

ですので、しっかりとリサーチすることが大事です。

しっかりリサーチすることでライティングの質も上がり、書くことに困らず時間短縮にもなるからです。

ライティングよりリサーチに時間をかけるくらいがちょうど良いでしょう。

コピーライターが副業で稼ぐために必要なスキルは?③マーケティングスキル

書くことに慣れてきたら、単価アップのためにセールスライティングに挑戦してみても良いでしょう。

いかに価値を提供して売れる状態を作るかが大事なので、そのためにはマーケティングの知識、スキルを身につけておく必要があります。

副業のコピーライターの給料

副業のコピーライターとして収入を上げる方法は、稼働できる少ない時間をいかに効率よく使うかになってきます。

そして、いかに多くの案件をこなすか、単価の高い案件を請けられるかになります。

ですが、最初から単価の高い案件は請けられないので、地道に継続して続ける姿勢が最も重要です。

未経験からスタートしてすぐの場合は、月に3万円ほど稼げればいいほうだと思います。

コピーライター副業まとめ

いかがだったでしょうか?

副業でコピーライターを目指す時の仕事の取り方、報酬アップの秘訣、コピーライターに必要なスキルなどについて解説しました。

副業の場合は、限られた時間のみの稼働になるので、単価がアップするまでに時間がかかることも覚悟しておかなければなりません。

実際、稼働時間をあまり取れないと単価が上がりにくいので、その前にあきらめて辞めてしまう方も少なくありません。

ですが、クラウドソーシングサイトで仕事を受注できるので、始めるハードルが低いというメリットもあります。

また、SEOの知識やスキル、セールスライティングの知識やスキル、マーケティングの知識やスキルを身につければ、高報酬にも期待できます。

スキマ時間を使って稼げますし、スキルアップすれば良い単価の仕事もできますので、コピーライターは副業に向いている職業だといえます。

興味のある方は少しずつでも挑戦してみてください。

-column, コピーライティング