column コピーライティング ダイレクトレスポンスマーケティング

コピーライターになるために資格は必要?コピーライターを目指す人が知っておきたい資格、検定、講座事情について徹底解説

  1. HOME >
  2. column >
  3. コピーライティング >

コピーライターになるために資格は必要?コピーライターを目指す人が知っておきたい資格、検定、講座事情について徹底解説

コピーライター 資格

本業はもちろん、在宅でもできる副業としても注目が高まってきているコピーライター。

しかし、コピーライターを目指される方の中には「資格」は必要なの?

そんな疑問を持たれる方も増えてきています。

そこで今回は

・コピーライターに資格は必要?

・許可がないと始められない?

・どこかに登録や申請はするの?

といった、最近よく聞く疑問にお答えしていきます。

また、これからコピーライターを目指されている方が

・コピーライティングを学べる場所

・クライアントを獲得するために知っておくべきこと

・一度は読んでおきたい厳選書籍5選

これらについても、詳しく紹介していきますので、是非、最後までご覧ください!

 

目次

コピーライターになるための資格とは?

コピーライター 資格とは

在宅や副業でも稼げる仕事として今、注目度が高まってきている「コピーライター」ですが

コピーライターとして活動するためには、資格が必要なのでしょうか?

あるいは、資格以外にも

・登録

・許可

・申請

といった手続きを行わなければ、クライアントを獲得できないのでしょうか?

コピーライターを目指されている方が、最近よく聞くこれらの疑問にここではお答えしていきます。

コピーライターになるためには資格が必要なのか?

結論から言いますと、コピーライターになるために資格は「必要ありません」

というのも、そもそもコピーライターに資格自体が存在していないません。

ですので、コピーライターは誰でもなることができますし、もちろん

・登録

・許可

・申請

といった面倒な手続きも一切ありませんので、ご安心ください。

資格を持たないコピーライターがコピーライターであることを証明する方法

コピーライターは資格が必要ない反面、コピーライターであることを証明することが難しいこともあります。

ですが、コピーライターには「検定」がいくつかあるため

検定を取得することで、コピーライターであることを証明することができるようになります。

また、コピーライターの名刺を作ってしまうのもコピーライターであることを証明する1つの方法となってます。

ちなみに資格同様、検定を取得していなくてもコピーライターとして活動して頂けます。

コピーライターに特化した検定

コピーライター 検定

前述したコピーライターの証明にもなる検定を、ここでは2つご紹介していきます。

検定は取得しなければいけない訳ではありませんが、持っていることで

・スキルアップ

・ライティングへの自信

・クライアントへのアピール

にも繋がることがありますので、是非、参考にしてみてください。

コピーライターに特化した検定①WEBライティング能力検定

「WEBライティング能力検定」は、一般社団法人日本WEBライティング協会が認定している検定になります。

この検定は、2012年から継続しているWEBライティング関連で最も歴史のある検定

・HP

・ブログ

・広告文作成

といった文章作成技法から

・WEBコンサルタント

・SEOコンサルタント

・SNSコンサルタント

として活躍するためのスキルを学ぶことができる検定となっています。

コピーライターに特化した検定②WEBライティング技能検定

「WEBライティング技能検定」は一般社団法人クラウドソーシング検定協会が認定している検定で

クラウドソーシング上の案件をこなすために必要なライティングスキルを身に付けるための検定となっています。

そのため、検定合格者は

・ランサーズ

・サグーワークス

・ちょびリッチ

といったクラウドソーシング内で推奨してもらえたり、報酬をアップといった優遇を受けることができます。

コピーライターが検定を持っていると仕事が取りやすい?

コピーライター 検定を持ってると仕事取りやすい?

コピーライターに特化した検定として

・WEBライティング能力検定

・WEBライティング技能検定

こちらの2つをご紹介させて頂きましたが、実際このような検定を持っていると

・仕事が取りやすくなるのか?

・収入に影響するのか?

・クライアントへの印象は変わるのか?

といった仕事や収入面への影響について、ここでは詳しく解説していきます。

年収1000万円以上稼ぐためには検定の有無が関係する?

コピーライターとして、年収1000万円は1つの目標でもあります。

そこで、年収1000万円の目標を達成するために、検定を持っていると収入に違いがあるか?

といえば、決してそんなことはありません。

なぜなら、コピーライターは検定を持っているかどうかよりも

検定で学んだことをクライアントのために、どう活かせるかで収入が変わるからです。

そのため、年収1000万円以上稼いでいるコピーライターの中にも、検定を持っていない人は沢山いますし

検定の取得はそれほど推奨されている訳ではありません。

コピーライターの検定を持っていると仕事が取りやすくなる?

コピーライターの収入同様、検定を持っているからといって仕事の取りやすさに大きな違いはありません。

なぜなら、クライアントは検定の有無で採用を決めることはほとんどないからです。

クライアントは検定の有無よりも、過去の実績や制作物を見て採用を決めることが多いため

クライアントを獲得するためには、検定を取るよりも小さくても良いので案件を沢山こなし

実績を作った方が次のクライアント獲得に繋がります。

ただし、クライアントによっては検定の有無を気にする場合もあるため

検定取得後、ライティングの自信をつけてからクライアント獲得を行うのも1つの方法になります。

クライアントから見たコピーライターの検定

前述した通り、一部のクライアントはコピーライターの検定の有無で採用を行う場合もありますが

多くのクライアントは、コピーライターの検定そのものの存在をほとんど知りません。

ですので、クライアントからすると

・何の役に立つの?

・どこで活かせるの?

・どんな価値があるの?

と思われてしまうこともあります。

ただし、コピーライターとして企業に就職する場合、検定の取得は武器になる可能性があります。

コピーライターになるための知識が学べる4つの講座

コピーライター 講座

資格がなく、検定も必須ではないコピーライターは、誰でもなれる職業ではありますが

・売れる文章

・伝わる文章

・読まれる文章

これらの文章が書けなければ、稼ぐことはできません。

そこで、コピーライターとしてクライアントが求める文章を書くために

ここでは、コピーライティングスキルを学ぶことができる講座を4つ紹介していきます。

コピーライターのなり方が学べる4つの講座①コピーライター養成講座

「コピーライター養成講座」は株式会社宣伝会議が開催しているコピーライティングの講座になります。

この講座では、コピーライターを目指す人はもちろん

・広告

・マスコミ関連企業の社員

・マスコミ業界

といった業界への就職、転職を目指す人たち向けのカリキュラムも学ぶことができます。

また、現役で広告業界で活躍している人が講師と教えてくれるため

ライティングスキルだけでなく、広告やマスコミ業界を身近に感じることもできます。

また、受講できるコースも基礎コースから上級コースまであるため、自分のレベルにあった講座を選ぶことができます。

コピーライターのなり方が学べる4つの講座②WEBライター講座

「WEBライター講座」は株式会社ユーキャンが開催しているコピーライティングの講座になります。

・コラム記事

・通販での商品紹介文

・WEB広告文

などを書くための知識やテクニックを学べる講座になっています。

また、未経験者をターゲットとしているため、これからコピーライターを目指す人にも学びやすい講座となっています。

コピーライターのなり方が学べる4つの講座③プロライター養成講座

「プロライター養成講座」は株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画が開催しているコピーライティングの講座になります。

この講座は、未経験者でも9ヶ月間でプロになることを目的とした講座で、修了生のスキルによっては

株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画から仕事を依頼される可能性もあります。

そのため、講座修了後に株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画がクライアントになる可能性がある講座となっています。

コピーライターのなり方が学べる4つの講座④プロモーション型コピーライティング完全マスターコース

「プロモーション型コピーライティング完全マスターコース」は、借金4700万円を抱え自己破産したところから

コピーライターとして年商1億5000万円まで売上げることに成功した私、後藤伸正が開催するコピーライティングの講座になります。

この講座では、コピーライティングのスキルはもちろん

・クライアントの獲得方法

・プレゼンの仕方

・単価の上げ方

といった稼ぐためのノウハウも学べる講座となっています。

今なら無料でオンラインセミナーを受け取ることができますので、まずは気軽にご参加してみてください。

↓ ↓ ↓

https://gotonobumasa.com/copywriter-seo/lp1/

コピーライターが稼ぐために資格や検定よりも重要なもの

コピーライター 資格や検定より重要なもの

コピーライターには資格がなく、検定も必須ではありませんが、稼ぐためには非常に重要なスキルがあります。

そこでここでは、検定だけでは習得できないコピーライターが稼ぐために必要なスキルを3つ紹介していきます。

ライティングスキル

コピーライターとして稼いでいくためには、ライティングスキルは当然重要なスキルになります。

なぜなら、ライティングスキルがなければ見込み客にメッセージを伝えることができず

クライアントの売上に貢献していくことができないからです。

また、ライティングスキルがないと

・納品までに時間がかかる

・修正に時間がかかる

・こなせる案件が増えない

といった状況になり、収入を増やしていくことができません。

リサーチスキル

リサーチも収入に影響を与えるスキルとなります。

というのも、リサーチスキルがあるコピーライターほど見込み客への理解が深くなり、刺さる文章を書くことができるからです。

また、優秀なコピーライターほど自社商品や競合のリサーチだけでなく

・見込み客の感情

・不安

・悩みのレベル

・理想の状態

などのリサーチもしっかり行っており、ライティングに活かしています。

マーケティングスキル

マーケティングスキルも、コピーライターとして稼ぐためには身につけておきたいスキルになります。

なぜなら、ライティングはマーケティングの一部にしかすぎないため

マーケティングをしっかり理解しておくことで

・なぜメルマガやLINEの登録者を増やしたいのか?

・なぜステップメールが必要なのか?

・なぜ理由のない値引きを行ってはいけないのか?

など、クライアントに対して売るために必要な提案ができるようになるからです。

また、マーケティングを理解しておくことで、将来自分の商品をリリースする際も困ることがなくなります。

継続力

コピーライターは制作物のクオリティだけでなく

・納期

・修正

などがストレスになることがあるため、継続力も重要なスキルとなります。

特に

・ライティングの価値をあまり理解していない

・コピーライターを安く使いたい

と考えているクライアントとの取引は、ストレスを感じる場面が増えやすいため

根気強く継続していくことが大切になります。

資格のいらないコピーライターが必要な知識を身につけるための書籍5選

コピーライター お勧め書籍

資格のいらないコピーライターは、検定以外にも書籍で必要な知識を学ぶことができます。

そこで、ここではコピーライターを目指す人はもちろん、現役コピーライターにもお勧めの書籍を5冊紹介いたします。

資格のいらないコピーライターが必要な知識を身につけるための書籍5選①ウェブセールスライティング習得ハンドブック(寺本隆裕)

「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」はコピーライティングやダイレクトレスポンスマーケティングで

最も影響力のある企業の1つ、ダイレクト出版の取締役、寺本隆裕さんによって書かれた本になります。

コピーライティングの本としては入門的な本になっていて

・マインドセット

・お客さんの行動心理

・ダイレクトレスポンスマーケティングの基礎知識

といった、セールスライティングに必要な知識を学ぶことができる1冊となっています。

また、エピソードを交えて書かれている部分も多く非常に読みやすいため

これからコピーライターを目指す人には特にお勧めとなっています。

資格のいらないコピーライターが必要な知識を身につけるための書籍5選②ザ・コピーライティング(ジョン・ケープルズ)

「ザ・コピーライティング」はアメリカの広告業界で伝説的なコピーライター、ジョン・ケープルズによって書かれた本になります。

初版は1932年と90年も前に出ている本ですが、未だに多くのコピーライターたちに読まれている名著です。

この本の中では、これまでに成功した効果実証済みのセールスレターも沢山紹介されていて、教科書的な本になっています。

メンタリストDaiGoさんも自身のYouTubeチャンネルの中で絶賛していることでも知られています。

ただし、どちらかというとコピーライティングの経験があった方が読みやすい1冊となっています。

出典先:https://youtu.be/9e1G56Ispv8

資格のいらないコピーライターが必要な知識を身につけるための書籍5選③究極のセールスレター (ダン・ケネディ)

「究極のセールスレター」は、アメリカで億万長者メーカーと呼ばれるダン・ケネディによって書かれた本になります。

この本は、これからセールスライティングを学びたい方にも分かりやすい内容となっており

・書く前に準備すること

・書くための手順

・書いた後にすること

といったことを学ぶことができます。

また、効果実証済みのセールスレターもいくつか掲載されているので、初心者でも実践で使いやすい内容の1冊となっています。

資格のいらないコピーライターが必要な知識を身につけるための書籍5選④あなたの会社が90日で儲かる!(神田昌典)

「あなたの会社が90日で儲かる!」はコピーライター、マーケターとして活躍される神田昌典さんの本になります。

本自体はマーケティングを中心に書かれていますが、コピーライティングについても詳しく書かれていて

コピーライティングとマーケティングのどちらも学ぶことができます。

また、コピーライターの専門用語がほとんど使われていないので、初心者の方には非常に読みやすくなっている1冊です。

資格のいらないコピーライターが必要な知識を身につけるための書籍5選⑤セールスライティング・ハンドブック(ロバート・W・ブライ)

「セールスライティング・ハンドブック」は広告の父と呼ばれるデイヴィッド・オグルヴィが推薦する本としてコピーライターの間では有名な本になります。

この本ではコピーライティングの基礎的な部分を学べるだけでなく

・DMの書き方

・チラシの書き方

・販促ツールの書き方

といった、具合的なシーン別の書き方が紹介されていて実践向きの内容となっています。

さらに、仕事の取り方まで紹介されているため、すでにコピーライターとして活動している人も抑えておきたい1冊になります。

資格のいらないコピーライターがクライアントの信用を得て仕事を獲得する方法

コピーライター 仕事獲得

資格を持たないコピーライターが、クライアントの信用を得て仕事を獲得するには

自ら行動し、アピールしなくては稼ぐことができません。

そこでここでは、クライアントから信用され仕事を獲得するためには

どんな行動をし、アピールをすべきかを詳しく解説していきます

プレゼン

コピーライターは、ただ「ライティングできます」とクライアントに伝えても

信用を得ることも、仕事を獲得することもできません。

コピーライターはクライアントに対して

・何ができるのか?

・他のコピーライターとの違いはどこなのか?

・なぜ、この案件でクライアントに貢献できるのか?

といったプレゼンを行うことで、信用と仕事を獲得できるようになっていきます。

また、プレゼンの中では

・20時以降は連絡できません

・土日は対応できません

・1日5時間以上稼働できません

といった、自分の都合ばかりをプレゼンしているコピーライターも多くいますが、これでは信用も仕事も獲得できません。

テストライティング

テストライティングは、クライアントに非常に喜ばれるアピール方法になります。

というのもクライアントは、実力の分からないコピーライターに報酬を払って仕事を任せるというリスクを軽減できるだけでなく

・納期への意識

・コミュニケーション能力

といった部分まで確認できるからです。

ただし、テストライティングは単価が安く、次回以降の仕事に繋がる保証はありません。

ですが、まずはクライアントの信用を得て小さく手も仕事を任せてもらうことが次に繋がっていく重要なステップとなるため

テストライティングは非常にお勧めの方法となります。

過去の実績

クライアントがコピーライターを採用する際、最も重要視しているのが過去の実績です。

そのため、過去の実績がないコピーライターは、信用できないコピーライターとして弾かれてしまう可能性が高くなってしまいます。

逆に、過去の実績をしっかりクライアントにアピールすることができれば

どんな検定を持っているよりも信用され、仕事を任せてもらえるようになります。

資格のいらないコピーライターが成功するために実践すべき3つのこと

コピーライター 実践すべきこと

資格のいらないコピーライターは、自分の実力だけが頼りになります。

だからこそ、コピーライターとして成功するためには必ず実践すべきことがあるのですが

ここでは、その中でも特に重要な3つに絞って解説をしていきます。

資格のいらないコピーライターが成功するために実践すべき4つのこと①営業

コピーライターが成功するためには、営業は必須です。

なぜなら、コピーライターは営業をしなくては

・仕事を取れない

・稼ぐことができない

・実績も作れない

といった状態になってしまうからです。

だからこそ、例え小さな仕事でも取れるよう、営業活動は積極的に行い

営業に慣れていくことが成功への第一歩となります。

ただ、現在ではクラウドソーシングでコピーライター募集の案件が多く出ているため

電話やメールでの営業は苦手な方でも、比較的簡単に営業を行うことができます。

資格のいらないコピーライターが成功するために実践すべき4つのこと②ライティングスキル向上

コピーライターである以上、ライティングスキルの向上は非常に重要です。

というのも、ライティングスキルを向上させることで

・納期の短縮

・素早い修正

・クライアントに成果を出してもらえる

といったことが可能になり、リピートに繋がるようになるからです。

そして、リピートをしてもらえるようになれば、営業にかかる

・時間

・労力

・ストレス

なども大幅に軽減され、ライティングに集中できるようになります。

資格のいらないコピーライターが成功するために実践すべき4つのこと③コミュニケーション

営業力があって、ライティングスキルが高いコピーライターでも

コミュニケーション能力が著しく低いコピーライターは、成功が難しくなってしまいます。

ちなみに、コピーライターにとってコミュニケーション能力が低いというのは

・返信があまりにも遅い

・理由なく納期遅れをする

・打ち合わせの時間を守れない

といったものになります。

こういったコミュニケーション能力が低いコピーライターは

例え、ライティングスキルが高かったとしてもクライアントから信用してもらえません。

コピーライターに限った話ではありませんが、結局最後は人間対人間の付き合いになりますので

コミュニケーションが取れないコピーライターは仕事を任せてもらえず、成功することが難しくなってしまいます。

コピーライター資格|まとめ

コピーライターに資格は必要なのか?という疑問から

・コピーライターを証明する方法

・コピーライターがクライアントの信用を獲得する方法

・コピーライターとして成功するためのスキル

まで解説して参りましたが、いかがでしたでしょうか?

コピーライターは資格が必要なく、誰でもなれる反面、スキルは自分の努力で身につけなければいけません。

そのために、今回ご紹介した検定や講座、書籍を上手く活用して頂ければ嬉しい限りです。

また、借金4700万円を抱えて自己破産した後、コピーライターとなって年商1億5000万円まで復活した私、後藤伸正が開催する講座

「プロモーション型コピーライティング完全マスターコース」では

・クライアントの獲得方法

・プレゼンの仕方

・単価の上げ方

といった稼ぐためのノウハウも学べるようになっています。

今なら、メールアドレスを入力するだけで、今すぐ実践で使って稼ぎ始めることが出来る、9つの無料特典をご用意しています。

是非、今すぐ下のURLをクリックして、まずは9つの無料プレゼントを受け取ってください!

↓ ↓ ↓

今すぐ9つの無料特典を受け取る

​​https://gotonobumasa.com/copywriter-seo/lp1/

-column, コピーライティング, ダイレクトレスポンスマーケティング